スタッフブログ

展示車のご紹介

カテゴリー ショールームダイアリー
スタッフ 神谷 隼輝 / カミヤ ジュンキ   [セールススタッフ]
[2020/05/09]
お世話になっております。

営業の神谷でございます。

本日は展示車のFIAT500をご紹介させていただきます!

今回は1200㏄のエンジンを搭載した1.2POPと900㏄のターボエンジンを搭載したTwinAir Loungeという2種類のグレードをご紹介させていただこうと思います。

実はFIAT500にはグレードによって搭載されるエンジンが異なるんです。

それぞれ全く違う特性を持っているので是非一度、試乗車を乗り比べてその違いを体感してみてください!

どちらも運転していてとっても楽しいお車になっております。
ボディーカラーは1.2POPがミントグリーン、TwinAir Loungeがパソドブレレッドになります。

どちらもイタリアらしいポップなカラーでお洒落ですよね!



それでは2台の違いをご説明させていただこうと思います。

まずは正面からの説明になります。

パッと見た感じでは同じに見えますよね、よく見ていただくとTwinAir Loungeにはところどころにメッキパーツが使われていたり、ヘッドライトが違っていたりと…結構変わっているんです。

1.2POPはハロゲンヘッドライトが付いていますが、TwinAir Loungeは青白い光が特徴のバイキセノンヘッドライトが標準で装着されています。

※1.2POPにもオプションで装着が可能です。

また、TwinAir Loungeのみ標準でフォグランプもついております。

そしてTwinAir Loungeのおすすめポイントともいえるのが、室内に太陽の光を取り入れてくれるガラスルーフです!

ガラスルーフがあるだけで今までのドライブがさらに楽しくなりますよ!



続いてはサイドです。

1.2POPとTwinAir Loungeではホイールが違います。

1.2POPは14インチのスチール製のキャップ付きホイールになります。

一方でTwinAir Loungeは15インチのアルミ製ホイールが装着されています。

1インチサイズが変わるだけでも印象が全然違いますよね!
最後は後ろにまわってきました。

後ろも前側と同様にパッと見て同じに見えますが、よく見てみると…

TwinAir Loungeにはメッキパーツがついていたり、障害物を検知するセンサーやマフラーカッターがついています。

FIAT500はどれも同じように見えて、実はそれぞれにちゃんと個性があるんです。

1.2POPはシンプルで可愛らしいデザイン、TwinAir Loungeは高級感あるデザイン…そんなイメージです。
今回はFIAT500のグレードについて簡単ではありますが、ご説明させていただきました!

お客様に一番お似合いの1台をご提案させていただきます!

それでは次回の投稿もお楽しみに!
TwinAir Lounge専用 ガラスルーフ
2020年09月(4件)
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

展示車のご紹介

カテゴリー ショールームダイアリー
スタッフ 神谷 隼輝 / カミヤ ジュンキ   [セールススタッフ]
[2020/05/09]
セールススタッフ 神谷 隼輝
お世話になっております。

営業の神谷でございます。

本日は展示車のFIAT500をご紹介させていただきます!

今回は1200㏄のエンジンを搭載した1.2POPと900㏄のターボエンジンを搭載したTwinAir Loungeという2種類のグレードをご紹介させていただこうと思います。

実はFIAT500にはグレードによって搭載されるエンジンが異なるんです。

それぞれ全く違う特性を持っているので是非一度、試乗車を乗り比べてその違いを体感してみてください!

どちらも運転していてとっても楽しいお車になっております。
ボディーカラーは1.2POPがミントグリーン、TwinAir Loungeがパソドブレレッドになります。

どちらもイタリアらしいポップなカラーでお洒落ですよね!



それでは2台の違いをご説明させていただこうと思います。

まずは正面からの説明になります。

パッと見た感じでは同じに見えますよね、よく見ていただくとTwinAir Loungeにはところどころにメッキパーツが使われていたり、ヘッドライトが違っていたりと…結構変わっているんです。

1.2POPはハロゲンヘッドライトが付いていますが、TwinAir Loungeは青白い光が特徴のバイキセノンヘッドライトが標準で装着されています。

※1.2POPにもオプションで装着が可能です。

また、TwinAir Loungeのみ標準でフォグランプもついております。

そしてTwinAir Loungeのおすすめポイントともいえるのが、室内に太陽の光を取り入れてくれるガラスルーフです!

ガラスルーフがあるだけで今までのドライブがさらに楽しくなりますよ!



続いてはサイドです。

1.2POPとTwinAir Loungeではホイールが違います。

1.2POPは14インチのスチール製のキャップ付きホイールになります。

一方でTwinAir Loungeは15インチのアルミ製ホイールが装着されています。

1インチサイズが変わるだけでも印象が全然違いますよね!
最後は後ろにまわってきました。

後ろも前側と同様にパッと見て同じに見えますが、よく見てみると…

TwinAir Loungeにはメッキパーツがついていたり、障害物を検知するセンサーやマフラーカッターがついています。

FIAT500はどれも同じように見えて、実はそれぞれにちゃんと個性があるんです。

1.2POPはシンプルで可愛らしいデザイン、TwinAir Loungeは高級感あるデザイン…そんなイメージです。
今回はFIAT500のグレードについて簡単ではありますが、ご説明させていただきました!

お客様に一番お似合いの1台をご提案させていただきます!

それでは次回の投稿もお楽しみに!
TwinAir Lounge専用 ガラスルーフ
月別表示
カテゴリー別表示
スタッフ別表示
ページ上部に戻るページ上部に戻る